×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

あそこツアー 2009 IN コテージ




ここがこの数年 定宿になっている高級コテージである。
中には二階がある。定員は6人であるが、今回は7名で利用。
だれか一人はふとんで寝れない計算だ。


7名、車5台で同時に入渓した。
7名がそれぞれ別々に動いている。、
一見統率の取れてない、ばらばらの動きに見えるが全体が無駄のない分業である。



見る見る間に宴会の準備が出来てくる。
【怪長】・・・野菜を洗ったり、切ったり。
【副怪長】・・・炭を熾し、バーベキューの用意。
【銭無】・・・持参の高級おままごとセットの包丁でイワナの刺身作り。
(あまりに高級おままごとセットのため指まで切れてしまった。)
はらさん・・・テーブルにカセットコンロを設置。土鍋を乗せて手前にまな板と摩り下ろし気を置く。
tamaさん・・・【銭無】の刺身作りを学びつつ、【副怪長】のバーベキューの手伝いをしている。
子モグラ・・・荷物運び、炭熾しの手伝い、布団を敷く。
モグラ・・・米をといで炊飯器をセット。
あとは・・・動いていると、【怪長】の動線に入ってしまって邪魔をしてしまうので、椅子に座って一服。

HARAさんは土鍋の前に陣取り、ひたすら【レインボー鍋】に神経を注いでいる。
この鍋にはにんにくとしょうがが大量に必要で、tamaさんと子モグラがにんにくの皮をむき、
HARAさんが擂って鍋に入れていく。
【怪長】が洗った野菜をHARAさんが鍋に入れていく。
(前回の【レインボー鍋】のときは野菜が大きすぎたとHARAさんからの助言があった。
こんなところにもHARAさんの【レインボー鍋】へのこだわりがある。)



モグラが差し入れた【肉】を【怪長】が切り、【副怪長】【銭無】が焼いていく。
たまねぎ・なす・しいたけ・ピーマンも炭で焼かれていく。


鍋からいいにおいかしてきて、野菜もある程度焼けてきたころ、お米が焚けた。
みんなカップを持って乾杯!!!
この瞬間のためにみんないままで頑張ってきたのではないかと思える。
歩いて汗をかき、温泉で汗をかき、その後の食事の用意。
そこまで引き伸ばされた乾杯ですからさぞかしおいしかったでしょうね♪


今年は【あそこツアー】が始まって10周年だそうです。
一度だけ開催できない年がありましたから、実際は今回で9回目です。
【怪長】【銭無】に一言お願いしました。
「10周年という節目の年に参加出来なかったことは遺憾です。来年は是非体調を整えて参加したいと思います。」
そうですよ、【銭無】


HARAさんの【レインボー鍋】、第一段階でご馳走になった。
私にはちょっと辛い、第二段階は私には無理だな。


何段階目かのレインボー鍋

【副怪長】【銭無】が焼いてくれた【肉】。
炭の効果か?焼き方がうまいのか?硬くなくておいしい。(初めて肉食べたな(爆))

【怪長】が山菜のてんぷらを揚げてくれた。
塩を振って・・・う〜〜〜ん、おいしい♪
今年の山菜は今日で食べ収めかもしれない。よく味わっておきましょう。

それぞれに話も弾み、楽しい時間は過ぎてゆく。
子モグラを寝かし、私もお先に休ませていただきました。
その後の【レインボー鍋】の【へんげ】は確認できませんでした。

夜中・・・誰かの話し声が聞こえる・・・
下に降りてみる。
【副怪長】【銭無】が二人で話をしている。
他の方は???
【怪長】・・・・・下のベッドに入っている。
tamaさん・・・・・二階の布団で寝ている。
HARAさん・・・・・下のベッドの・・・えっ?ベッドの角にかろうじて乗っている。
「だっ、大丈夫ですか?この体勢で?落ちません?頭に血が上るのでは???」
【副怪長】・・・「大丈夫。(キッパリ)ほっといて平気だから。」
【銭無】・・・「いつもそうだから。大丈夫ですよ。」
え〜〜〜???


テーブルの上を簡単に片して、【副怪長】【銭無】も休むことに・・・。
(私が片し始めてしまったから、いずらくなった???ごめんなさい)
片すのを手伝ってくださった【銭無】、ん?いわなの刺身の残りを鍋に入れている。
【副怪長】は車に・・・。
【銭無】は二階へと・・・。
・・・・・ZZZZZ・・・・・


朝一番に起きていたのは、【怪長】
お味噌汁を作ってくれた。
ん?【怪長】がいわなの刺身の残りを鍋に入れている。
鍋を温めているうちに何人かが起きてきた。

【副怪長】を起こしてきます?」
「一回じゃ起きないかもよ(爆)」

HARAさんが【レインボー鍋】で朝食を・・・
「誰か鍋に魚入れました???」
お〜、さすが。自分が入れてないものはすぐ気付くのですね。本当にこだわっていらっしゃる。
【銭無】【怪長】がいわなを入れてました。」
【銭無】「えっ?僕?入れてませんよ。入れました???」
覚えていらっしゃらない・・・恐ろしい!!!

バンガローを手分けして片付けて、記念撮影。
今年の宴会も無事に終了しました。
皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。



後日聞いたところによると、【レインボー鍋】は私が寝た後、6〜7回くらい作られ、その度に違う味を披露していたそうです。
こうして【レインボー鍋】は【レインボー無限鍋】へと進化していったのでした。




2009年6月13日(土)   場所  バンガロー   参加者  【怪長】  【副怪長】  【銭無】  HARAさん  tamaさん  子モグラ  モグラ ああ


TOP    山行記    グッズ    掲示板    その他    自己紹介    歴史にふれたい   更新履歴