×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

3回目の入山記です。
っと言っても、今回はキャンプとバーベキューがメイン。
初めてテントにお泊りしました。


またも金曜の夜に出発。目指すは・・・新潟、「アザラシの沢」
途中のパーキングで軽い(?)食事休憩は必須。温かい「地のりうどん」は美味しかった!
軽く腹ごしらえをした後は、ただひたすら関越道を走りました。
私は関越道を走るのは初めて。当然関越トンネルも初めて。
驚きました。長いとは知識で知っていましたが、あんなに長いとは・・・。
あれだけ密閉された空間にあれだけ長い時間閉じ込められる(?)と恐怖を感じます。
トンネルのなかでの事故の恐ろしさが伝わってきました。(昔あったよな〜〜〜。大きなトンネルでの大事故)
っと、そんなこんなで目的地に着きました。

外は真っ暗。街灯が一つもないのでヘッドライトを消すと何も見えない。
自分が今目を開けているのか?閉じているのかさえ判らなくなる。
今日は雨のために星もなく本当の暗闇とはこうゆうものなのかと、驚くことの連続。

しばらく仮眠を取り明日(もう今日ですが・・・)に備えます。
っが、興奮しているのかなかなか寝れない。
雨がやんだので、ヘッドライトを頼りに【師匠】の指導のもと、テントを張ることに。
しかし結局【師匠】一人で張ってくれたような気が・・・?あまり深く考えないにしよう。

明るくなって身支度を整えいざ沢へ。
今回は「アザラシの沢」と言っても私達に無理のない小さな支流を選んでくれました。
前日の雨が嘘のように晴れてきて暑い。


川の中を歩くと冷たくて気持ちがいい。
とってもでっかくなってしまった「うど」を【師匠】が嘆きながら、歩いていきました。
そこそこ歩いて、後はキャンプのために体力温存と早めに引き上げることにしました。
帰りは山菜を取る人たちの道のような、そうでないようなところを歩いてきました。
けっこうきつかった。
それでもなんとか車まで戻れたときはほっとした。しかし・・・行きとは反対の藪から出てきたので???の世界。


鮎タイツその他、装備をはずしてとりあえず温泉に・・・。
3人分の装備を一つの袋に入れて、テントの横に置いていきました。
この何気ない行動があとで悲惨な事態を招くことになるとは・・・さすがの【師匠】も予想していなっかようで・・・。
下界で温泉に入り、さっぱりしたところで、軽くそばなんか食べて・・・さぁ、戻ってバーベキューだ!!!
炭をおこして、焚き火の材料を広い集めて、っと3人で手際よく動けたらよかったのですが・・・
私もチビ弟子も何をしていいのかまったくわからず、【師匠】をイライラさせながらの準備となってしまいました。

っと、そこでふとなにげなく見た「袋の中」
「ああああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!」

袋の中は黒い物体で一杯。
蟻です。それも数百はいるであろう蟻の大群。
「どうすんのよ?これ〜〜〜〜〜?」こんなの車に積んで帰れない。
とりあえず虫除けスプレーをかけてみたけど効果なし。
ちょっとテントから離しておいて本日は見なかったことに・・・(いいのか〜?それで)
「誰だよ!!! 糖尿なのは〜〜〜」っと【師匠】
「えっ?私???そりゃあ〜最近甘いものが手放せなくて毎日甘いパンを食べてるけど・・・、うそ?やだ!糖尿なんて・・・」

それでもバーベキューの用意は進み、なんとか無事に美味しくいただくことができました。


チビ弟子が焼いてくれたとうもろこし。とってもおいしかった。

今日は天気が良かったせいか夜は星が見えました。
焚き火の前に座ってずーっと空を見上げていると、だんだん星がたくさん見えるようになってきます。
空一面の星。東京では絶対に見ることが出来ない空。東京の空ってかわいそう。本来の空ではないんですね。
っと変な動きをする星よりも少し強い光の物体発見。
飛行機でもない。ヘリコプターでもない。UFOだ!!!
そりゃそうですね。「未確認飛行物体(UFO)」ですもの。
でも本当になんだったんだろ???


初めてシュラフに包まって就寝。寝れるかしら〜?なんて心配はまったく必要なく熟睡。
枕を持っていかなかったのは失敗でしたが・・・。
あいかわらず【師匠】は眠れなかったらしい。

朝は寒かった。さすが山です。気温の差が激しい。
トレーナーを着ないで寝ていたチビ弟子は寒くて【師匠】がおこしてくれた焚き火にへばりついてました。
朝食は昨日の残りのご飯とお肉で焼肉丼。
後片付けをして、テントをたたんで、ゴミを確認して後は・・・・・蟻。

どうしよう???
近くに湧き水が流れているのでそこで蟻を流してしまう作戦に・・・。
3人で重たい袋を担いで湧き水の流れる場所へ。
冷たい水に1枚1枚、裏も表もポケットもすべて確認しながら蟻を流してきました。
そしてお世話になった場所に別れを告げ、また来ること念じてさぁ関越道へ・・・。

行きに寝ていて関越トンネルを体験していないチビ弟子にトンネルの長さを体験してもらおうと
「もうすぐだからね」なんて言っていたのですが・・・気づいたらトンネルを出てました(自爆)
どうも帰りは私が体験できなかったようです。

どうにか無事にキャンプを体験し、無事に帰ってくることができました。
今回も【師匠】にお世話になりっぱなし。
本当にありがとうございました。
また連れてってください。よろしくお願いいたします。



2007年6月23日(土)   場所  アザラシの沢   参加者  【師匠】  チビ弟子  弟子希望 

TOP    山行記    グッズ    掲示板    その他    自己紹介   歴史にふれたい    更新履歴